So-net無料ブログ作成
検索選択

最近読んだ本 ダークタワー、四季 ほか [本]

久しぶりに本の紹介。スティーブン・キングは知っていると思うけど、最近ずっと読んでいた「ダーク・タワー」という超大作が完結した。原文は2004年に完結していたらしいが、新潮文庫から翻訳がずっと刊行されていたので読んでいた。なんと、16冊だよ。並べて写してみたらご覧の通り。

ダーク・タワー1 ガンスリンガー
ストーリーは最後のガンスリンガー(ガンマンというか、日本で言えば侍かな)が暗黒の塔を目指して途中加わる仲間とともに困難に打ち勝っていくと言うものだが、ガンスリンガーの世界と、現代と、中間世界と呼ばれる中途半端な世界を行き来しながら旅を続ける不思議なストーリーだ。なんか最後は哲学的な感じだった。

次は、森博嗣氏の作品「四季 春、夏、秋、冬」ほか。森さん本はかなり読んでいるけれど、犀川&萌のS&Mシリーズと瀬在丸ほかが登場するVシリーズが交差するというか、補完するストーリーになっていて、ちょっとびっくりした。それから、百年密室にも繋がっていると言う奥の深さ(?)にも感心させられた。

四季 春
四季 夏
四季 秋
四季 冬

クライブ・カッスラーという作家をご存知だろうか?昨年「死のサハラ砂漠を脱出せよ」が映画化されたりもしたが、今回は北朝鮮に関係する企業家が細菌テロを企てると言うもの。「極東細菌テロを爆砕せよ」スケールの大きな話が結構面白い。

極東細菌テロを爆砕せよ〈上〉
極東細菌テロを爆砕せよ〈下〉

次は元ANA機長で小説家、最近お亡くなりになった内田幹樹氏の作品。機長経験者ならではの、臨場感あふれる航空小説はとても面白かったのに残念。

パイロット・イン・コマンド
操縦不能
機長からアナウンス
機長からアナウンス第2便


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 2

gakeda5

読書家なのですね!
by gakeda5 (2006-12-30 07:01) 

nomusan

通勤に1.5時間、読書も進みます。(--)
by nomusan (2006-12-30 10:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。